スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | この記事のURL |
妊娠中の喫煙
妊娠中禁煙・喫煙

タバコは妊娠中のどの時期に吸っても、妊婦さん自身はもちろん、おなかの赤ちゃんにも悪影響を与えます。禁煙をしないことによって母体と胎児にトラブルが起こる可能性がいっそう高まるので、妊娠後期まで禁煙しないと、当然リスクは大きくなってしまいます。妊娠がわかったら、すぐに禁煙をしてください。
妊娠中の禁煙方法

なかには、今まで何回も禁煙してみたけれど、やめられなかったという人もいるかもしれませんね。その大きな原因はタバコを吸うとニコチン依存になることが多いからです。禁煙による禁断症状に耐えきれずに再度吸い始めてしまうのです。まず、タバコは依存性の高いものであること、赤ちゃんと自分自身の命を危険にさらす有害なものだと自覚してください。ニコチンをはじめ、200種類以上もの有害物質が含まれるタバコに安全性なんてありません。タバコの正しい知識を身につけて、すぐに禁煙をしましょう。
また、妊婦さんは吸っていなくても、だんなさんがたばこを吸っている家庭もあると思います。だんなさんに禁煙をしてもらうか、家の中で吸わないでもらってください。

妊娠中に禁煙しないと、母体の血管が収縮し、血流が悪くなります。同時に血液中の酸素が不足し、 胎盤機能が低下し、胎児への栄養や酸素が不足する恐れがあります。
妊娠中に禁煙せずにずっと喫煙していた場合、タバコを吸わなかった人に比べて低体重児の発生率は約2.5倍で、早産の発生率は約3.3倍になります。
| 妊娠中の喫煙 | comments(1) | trackbacks(0) | この記事のURL |
喫煙の影響
妊娠中禁煙・喫煙 喫煙の影響

妊娠中に喫煙をすると以下のような症状の発症率が高くなると言われています。
これは妊婦自身がタバコを吸うのはもちろんのこと、家族や周囲にいる人間が妊婦の近くでタバコを吸えば、タバコの副流煙を吸うことになり間接的に喫煙していることになってしまいます。これは受動喫煙と言います。
喫煙の影響は体内にいるとき・生まれたときだけではなく、今後の人生にも大きな影響を与えることになります。

・喫煙のたびに胎児の呼吸運動が減少・停止する
早産流産の可能性が高くなる
・前置胎盤、早期剥離、出血、前期破水が増加する
低身長児低体重児になる
・こどもの先天異常(心疾患、唇・口蓋裂、斜視、無脳症多指症合指症など)が増加する
乳幼児突然死症候群(SIDS)が増加する
・怒りやすい子どもになる(非行、問題行動、暴力、犯罪を犯す危険性が高まる)

妊婦が喫煙すると、胎盤の血流量が減少し、胎児への酸素や栄養の供給が低下します。また一酸化炭素が胎児血中に移行して、赤ちゃんを更に酸素欠乏状態におとしいれます。妊婦自身の喫煙でも、妊婦の受動喫煙でも、胎児はタバコの害を受け苦しみながら泣いているのです。
二重の受動喫煙を強いられている赤ちゃんは自分ではどうにもできないのです。どうにかできるのはお母さん。あなただけなのです。
| 妊娠中の喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
流産と早産
妊娠中の禁煙・喫煙 流産早産

妊娠中に禁煙をしないと、数多くのリスクがあります。禁煙をしないことにより、流産と早産の確率を高めるので、妊娠中の方の周囲も気をつけねばなりません。
喫煙者には非喫煙者に対して自然に流産する確率が2倍ほどになるという統計があります。また早産(37週未満の分娩)も一日タバコ1箱以上喫煙する人は20%以上も増加するようです。特に33週未満の早産は、喫煙者の方が非喫煙者より60%も多いです。
どうして喫煙が流産・早産を引き起こすのかについては未だ完全に解明されてはいませんが、喫煙が胎児や胎盤の発育を妨げたり、妊娠初期での免疫状態に障害を与えている可能性もあります。妊娠したらすぐに禁煙をしてください。
流産・早産をするはずのない意外な人が流産・早産をしてしまったデータを調べてみると、タバコを吸っていて禁煙をしてなかった人が多かったのです。
早産の兆候

妊娠する前や妊娠してから気づくまでにタバコを吸っていたからといって生まれてくる赤ちゃんに異常が起きるわけではありません。妊娠初期にタバコを吸っていたとしても問題ありません。妊娠がわかってからでも禁煙をすれば問題はありません。喫煙者にとって禁煙はつらいことですが、赤ちゃんのために禁煙をしましょう。
もし、赤ちゃんが欲しい方でタバコを吸っているのであれば、前もって禁煙しておくのが一番いいでしょう。
| 妊娠中の喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
赤ちゃんへのタバコの害
妊娠中禁煙・喫煙 赤ちゃんへのタバコの害

タバコを吸うことによって体の中に入る有害物質の中で、特に悪影響を及ぼすものがニコチン一酸化炭素です。
ニコチンは血管を収縮する作用があるので、体内の血流が悪くなります。妊婦さんから胎盤を通じて栄養をもらっている赤ちゃんに栄養が行きにくくなり、赤ちゃんの育ちが悪くなります。
一酸化炭素もタバコの煙に含まれています。妊娠中には、妊婦健診でヘモグロビンという項目があり、貧血かどうかを調査する対象にもなっています。体の中に取り入れられた酸素は血液中の「ヘモグロビン」によって体中や脳に運ばれます。一酸化炭素は、血液中のヘモグロビンと結合する性質がありますが、酸素の200倍もヘモグロビンと結びつきやすいので、本当はヘモグロビンと結合して運ばれるべき十分な量の酸素が、体内に運ばれないことになります。そうすると妊婦さんの血管から胎盤を通して、赤ちゃんに酸素が運ばれていますが、一酸化炭素のために血液中の酸素が不足し、お腹の赤ちゃんに酸素が運ばれなくなるため、いわば酸欠状態となります。

タバコの煙の成分についてはこちら
タバコの煙の成分

その結果、子宮や胎盤の血液循環が悪くなり、子宮の収縮が起こりやすくなったり、胎盤の機能が低下します。流産や早産、前置胎盤や早期剥離、出血や破水などのトラブルの発生率が高くなります。同時に、赤ちゃんの体に必要な栄養や酸素が行き渡らなくなるために、低身長児・低体重児になったり、赤ちゃんの発育を妨げ、子宮内胎児発育遅延(IUGR)の原因となる場合もあります。健康な赤ちゃんを産むために、一刻も早く禁煙しましょう。


| 妊娠中の喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
自分の前では吸わないけど…
妊娠中の禁煙・喫煙 自分の前では吸わないけど…

妊婦さんがタバコを吸っていなくても、だんなさんがタバコを吸っている家庭もたくさんあると思います。そんなだんなさんにどうやって禁煙させるかは赤ちゃんのためにも非常に重要です。
妊娠中の方以外で、タバコを止めたがっている方にも参考になると思います。

妊娠をしたからタバコをやめてと言ったらだんなさんが家ではタバコを吸わなくなったとします。でも仕事から帰ってくると、なんだかタバコくさい。体からも口からもタバコの臭いが。職場では分煙対策ができていなくて、周りでタバコを吸っていると自分も吸いたくなって1本もらう・・・なんてことがあり、実際には禁煙できていないことがあります。
家ではタバコを吸わないだけ、まだましなのですが、このままではきっと出産したときや、イライラしているときなどは絶対といっていいほど、タバコを吸うでしょう。

だんなさんになぜタバコを止めて欲しいのか、ちゃんと説明してください。自分のためだけではなく、お腹の赤ちゃん、そして一番はだんなさん自身の体のために禁煙をしてほしいのです。タバコをすっている人にタバコは健康に悪いよ!っていうと、「自分の体なんだから別にいいんだ」と答える人がいます。もし、だんなさんがそのようなことを言ったら厳しく怒ってください。
タバコはだんなさんの体だけでなく、家族にも害を及ぼすこと。だんなさんの体はだんなさんだけの体ではなく、みんなの大事なものであること。
家で吸わないのであれば、禁煙することは可能だと思います。その禁煙を職場でもしてもらうように意識改革をしてあげてください。
| 妊娠中の喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
妊娠中にタバコをやめられない
妊娠中の禁煙・喫煙 妊娠中にタバコをやめられない

妊婦さんが妊娠中にタバコを吸わなくても、だんなさんが禁煙しない場合について話しましたが、実際問題逆のパターンもたくさんあります。だんなさんはタバコを吸わなくても妊婦さんがタバコをやめられない場合があります。
妊婦さんがタバコをやめない理由として考えられるのは、1番にすでにニコチン依存症になってやめられないパターンです。これはかなり問題があります。禁煙外来に行っても、ニコチンガムやニコチンパッチは使えないですし、精神的にもつらいものがあるでしょう。
他には赤ちゃんのことを考えていないことです。自分のことだけを考えて産まれてくる赤ちゃんのことを考えていないってことです。おそらく、このようなお母さんは子どもがほしくて妊娠したわけではなく、できちゃったんだと思います。
それで妊娠中にタバコを吸っている理由を聞いても、タバコ吸ったって大丈夫だろう。私に限って、赤ちゃんに障害が出るなんてことはないだろう。って言うのです。このようなお母さんには、厳しいことを言わせて頂くと、まだ親になる資格がないのではないでしょうか。
実際このような妊婦さんは増えています。だから畠山鈴香被告のような事件も起きるのです。私の仕事で母子手帳を配っていると、このような感じのお母さんお父さんが時々来られます。自覚を持ってから赤ちゃんを作ってほしいです。

禁煙しない妊婦さんの理由につづく
| 妊娠中の喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
禁煙しない妊婦さんの理由
妊娠中の禁煙・喫煙 禁煙しない妊婦さんの理由

妊婦が禁煙しないはこちらから

妊娠しても禁煙をしないお母さんが言う理由としてこんなことを言うことがあります。

「友達が禁煙しなくてもちゃんと赤ちゃん産まれたし、大丈夫だって言ってた。」

確かにタバコを吸っていても正常に産まれてくる赤ちゃんもいます。でも、それはたまたま運がよかっただけで、喫煙している妊婦さんから全員正常に産まれるわけではないのです。もしかしたら、そのタバコを吸ってても正常に産まれた赤ちゃんも、まだ出てないだけで何かしらの障害を持っているかもしれません。
まずは、禁煙しない妊婦さんにはこのブログのような妊娠中の喫煙について起こる障害を書いてあるブログを見せてあげることです。それで改心して禁煙をしてもらえればすばらしいことですが、ニコチン依存症になっている方に見せても、禁煙をしてくれない可能性が高いです。
こんな知らない人に言われても信用できないとか、友達が大丈夫だって言ってた。って言うでしょう。そのような人には、知り合いでも知り合いの知り合いでもいいので妊娠中に禁煙をしないで赤ちゃんが障害をもって産まれた人に会わせるといいです。身近の人の言うことなら、聞いてくれる可能性はありますから。
あまり無闇に禁煙しろ禁煙しろではストレスがたまるだけで、いらいらして余計タバコを吸ってしまいます。自分だけでは対処できないようであれば、第三者にお願いしてください。
| 妊娠中の喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
親のタバコの影響
妊娠中の禁煙・喫煙 親のタバコの影響

あなたの親はタバコを吸いますか?もしくは、あなたが産まれる前や小さい頃にタバコを吸っていましたか?あなたは何か体に悪いところを持っていますか?もしかしたら、それは親のタバコの影響があるかもしれません。

こんな例があります。
3人兄弟がいました。長男は偏差値でいうと45くらい。次男は55くらい。そして3男は65くらい。運動神経も3男が一番いいです。
この兄弟のお父さんはむかしヘビースモーカーでした。長男が産まれたときは1日1箱吸っていました。それが、次男が産まれる前に禁煙をしました。そして3男が産まれるころには全くタバコを吸っていませんでした。
このお父さんの喫煙がこの兄弟の変化に影響した証拠は全くありません。もしかしたらたまたまかもしれません。しかし、可能性がないともいいきれないのです。タバコを吸っていれば、子どもに何らかの影響がでるのは研究からわかっています。証拠がないから確信はできないのですが、タバコが影響している可能性は十分にあるのです。

もし、自分に何らかの問題があっても、それを親のせいにしてはいけません。産んでくれて育ててくれた親には感謝をしなくてはいけません。しかし、自分たちの子どもにはそのような可能性は残さないようにタバコを吸わないでください。
| 妊娠中の喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
妊娠中の禁煙・喫煙
妊娠中禁煙・喫煙

妊娠中に喫煙をすると、お腹の赤ちゃんに大変な影響を及ぼします。妊娠するまでは自分の体だから好き勝手やらせてという人もいます。しかし、妊娠をしたらあなた1人の問題ではないのです。タバコを吸うことによってお腹の赤ちゃんに生まれたときや生まれてから、たくさんのトラブルが起きる可能性が増えるのです。妊娠がわかったらすぐに禁煙しましょう。

妊娠中に喫煙すると母体の血管が収縮してしまい、血流が悪くなり、酸素が体全体に行き渡らなくなります。そのために、胎盤機能が低下し、胎児への栄養や酸素が不足します。
妊娠中に禁煙せずにずっと喫煙していた場合、タバコを吸わなかった人に比べて低体重児の発生率は約2.5倍で、早産の発生率は約3.3倍になります。
妊娠中の喫煙が及ぼす影響でいいことなど何もありません。産まれてくる子どものことを考えて、一刻も早く禁煙をすることをお勧めします。
| 妊娠中の喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
妊娠中の禁煙失敗
妊娠中禁煙失敗

妊娠する前から禁煙を何度もしようと試みたけれど、全然うまくいかなくて何度も禁煙失敗をした人もたくさんいると思います。だからといって妊娠してからも禁煙をしないようではいけません。まずはなぜ、禁煙できないかを知らなくてはいけません。禁煙できない大きな原因はタバコを吸うとニコチン依存症になってしまうからです。喫煙をしないと禁断症状がでてきて耐えきれずにタバコをまた吸ってしまうのです。タバコは依存性が高く、妊娠中の喫煙により赤ちゃんと自分自身の命を危険にさらす有害物質であることを自覚してください。タバコにはニコチンをはじめ、200種類以上の有害物質が含まれているのです。タバコの知識を身につけましょう。
そして妊婦さんだけでなく、だんなさんがたばこを吸っている場合も赤ちゃんに危険が及びます。だんなさんにも禁煙をしてもらい、周りからタバコの害を排除するようにしましょう。
| 妊娠中の喫煙 | - | - | この記事のURL |
 1/2PAGES >>