スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | この記事のURL |
ニコチンの害と女性ホルモン
妊娠中の禁煙・喫煙 ニコチンの害と女性ホルモン

ニコチンニコチンの害でも話したように多くのを及ぼします。
他にもニコチンは女性ホルモンにも害を及ぼし、女性らしさを失わせます。

ニコチンは肌の新陳代謝が悪くなるため、肌のくすみ、しわ、しみ、ニキビの原因になります。
ビタミンCの大量破壊によっても肌に多大な悪影響を与えてしまうので、ニコチンは肌にとって、かなり害があることがわかります。ビタミンCが不足すると、しみ・そばかすなどができる原因になり、しわもでてきて、肌のつや、はりが失われ、老化の原因になります。
女性ホルモンは皮膚の水分量を増やして弾力性のある美しい肌に保つなど、様々な効果をもたらしています。女性ホルモンの分泌が減少すると、肌のツヤ、張りがなくなり、シワ、吹き出物が出やすくなります。ニコチンにより女性らしさもなくなっていってしまいます。

女性ホルモンは女性の体や心を支えています。
女性ホルモンは女性らしい体型や生理、妊娠、肌をきれいに保持すること、脳の代謝など、あらゆることに影響しています。
女性は女性ホルモンのおかげで生きていられるといっても過言ではありません。ニコチンにより女性ホルモンが失われていくことで、どれだけの害があるかは容易にわかると思います。
| 喫煙による害 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
タバコと美容
妊娠中の禁煙・喫煙 タバコ美容

タバコは女性が気にしている美容にも悪いです。美容を気にしている人は禁煙することが当たり前です。禁煙することにより肌へのダメージが減ります。
タバコを吸っていると、血流が悪くなったり、女性ホルモンの分泌が悪くなるため、肌の老化が早まり、目じりのシワが目立つようになる、目の下にくまが目立つ、肌の弾力がなくなるなどの影響が深刻になります。ビタミンCも破壊されしみやそばかすがでてきます。
肌とビタミンCの破壊
美容と一酸化炭素
他にも声がガラガラになったり、口臭が気になるようになります。小さい頃気になりませんでしたか?口のくさい先生。タバコを吸っている人は子どもの頃嫌だった口臭を今は自分がだしているかもしれませんよ。
喫煙は赤ちゃんにも自分にも被害が及びます。子どもが大きくなって授業参観に行ったとき、お母さんが禁煙をしていてきれいだと子どももうれしいものです。逆にタバコを吸っていて肌がぼろぼろだったらいじめられることもあるかもしれません。禁煙をしてきれいなままでいれば、子どもが年頃になって一緒に渋谷でも歩いてたら、二人そろってスカウトされちゃうかもしれませんね。きれいなお母さんであり続けたいのであれば、すぐに禁煙をして明るい家庭を築く準備をしましょう。
| 喫煙による害 | comments(1) | trackbacks(0) | この記事のURL |
低タールたばこ
妊娠中の禁煙・喫煙 低タールたばこ

タールについてはこちらから → タール
そろそろ赤ちゃんがほしいから禁煙しようと思った人がいたとします。でも1日でできませんでした。なら徐々に禁煙をしようとして、タバコを高タールのものから低タールのものに切り替えていこうとしたとします。禁煙をしようとする心意気はいいですが、その方法はやめた方がいいです。低タールのタバコを今までと同様な吸い方をすればまだましかもしれませんが、大抵の人は低タールたばこを吸うとき今までより満足感が得られないので本数を増やしたり、深く吸い込んでしまいます。深く吸い込んでしまうと、今度は一酸化炭素の摂取量が増えてしまい意味がありません。結局禁煙をしようとしたもののできなくて、もとのタール量のたばこに戻してしまいます。もしたばこを深く吸い込む癖が低タールたばこでついてしまったのであれば、逆効果になります。
タバコの有害物質は200種類以上もあります。たとえ低タールたばこでも、残りの有害物質は十分残っています。逆にカドミウムなどは、低タールたばこのほうに多く入っています。
さらに低タールたばこに用いられる有孔フィルターは主流煙中の有害物質は減らしますが、副流煙には増えてしまいます。副流煙に含まれているので全く無意味です。周りの人に迷惑がかかってしまいます。
禁煙をするときには低タールたばこに変えてもあまり意味はないのでやめましょう。
| 喫煙による害 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
肌とニコチン
妊娠中の禁煙・喫煙 ニコチン

タバコが肌に及ぼす悪影響の理由として、いくつかの大きな要因があります。それらは複合的に作用して、皮膚の老化を促進してしまうのです。その一つの要因にニコチンがあります。
こちらから → タバコと美容

タバコの主成分であるニコチンは、血管を収縮させ、血行を悪くしてしまいます。
血流が悪いと体に栄養が行き渡らず、結果的にお腹の赤ちゃんにも栄養が行き渡らないことになります。
さらに皮膚の温度が低下して、新陳代謝が悪くなります。そして、皮膚の働きが衰えて、しわ、たるみ、くすみ、かさつきの原因になります。特に血流が悪いことによる皮膚への影響は目の周りに出やすく丸いシミになるようです。顔や目の周りにでるシミなどは非常に目立ちます。女性にとって大事な顔がタバコによって悪くなるのは悲しくありませんか?
喫煙をする人は肌から水分が蒸発しやすく、かさかさの肌になりやすいとう実験結果があります。つまり、たばこ喫煙をすると血流が悪くなり、結果的に肌が荒れやすくなるという悪循環に陥ります。タバコを吸って、肌にいいことはありません。タバコを吸っているにもかかわらず、お肌が悪いといって高い美容液や、顔パックなどをしても効果は薄くなってしまうでしょう。

肌のための血流改善
| 喫煙による害 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
肌のための血流改善
妊娠中の禁煙・喫煙 肌のための血流改善

こちらから→ 肌とニコチン について

喫煙者以外の方でも、冷え性の人や運動不足の人、肩こりの人などは、血流が悪くなりがちです。普段から血流を良くするためにストレッチや運動、長めのお風呂につかることは重要です。お風呂に長く入るのが退屈な方は、夫婦で一緒にお風呂に入って湯船の中で話をすれば、血流がよくなるし、夫婦の絆が深まり、他にもいろいろいいことがありますね♪
マッサージは血流の流れを良くして、新陳代謝を上げる効果があります。ストレッチや運動も、皮膚を流れる血の量を増やして、皮膚を若返らせる効果があります。夫婦で寝る前にマッサージし合うのもいいなじゃないでしょうか?
タバコを吸うと、血流が悪くなり、皮膚の温度が2度から5度も下がります。通常の皮膚の温度に戻るまでには1時間以上かかります。1時間経ったころには、また次のタバコを吸うことになり、常に皮膚温度は低い温度を維持し続ける事になります。そのために常に血流が悪い状態のままになってしまい、お肌は乾燥してしまいます。いくら夫婦で仲良くお風呂に入って、マッサージし合ってもタバコを吸ってしまえば、効果は激減してしまいます。肌のためにも禁煙を考えましょう!
| 喫煙による害 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
肌とビタミンCの破壊
妊娠中の禁煙・喫煙 肌とビタミンCの破壊

タバコに及ぼす悪影響の理由として、ニコチンの血流悪化についてはお話しました。他の大きな要因としてビタミンCの破壊があります。

タバコを1本吸うと25〜100mgほどのビタミンCが破壊されます。成人は一日あたり100mgほどのビタミンCを摂取することが理想とされているので、タバコを数本吸っただけでビタミンCの摂取量がゼロになってしまいます。ビタミンCには、メラニン色素が出来るのを防ぐ働きがあるので、不足するとしみやそばかすなどが出やすくなります。また、ビタミンCには、肌の弾力を維持するコラーゲンの生成を助ける作用があるので、不足すると肌の、ツヤやハリが失われ、しわも出来やすくなります。
さらに、ビタミンCは、活性酸素による肌の酸化を抑える働きがあるので、ビタミンCが不足するとその抗酸化作用が失われてしまい、老化の原因にもなります。
他にも歯ぐきが出血しやすくなったり、傷の治りが悪くなったりするなどの症状がでます。
ビタミンCは肌のハリ、シミ、小じわ、そばかすを防ぎ、細菌に対する抵抗する力と免疫する力をつけます。風邪の予防、コレステロールを下げる、発ガン物質の生成を抑える、貧血を予防し、白内障などの目の病気を予防する働きもあります。

ビタミンCが多く含まれている野菜や果物は、アセロラ、すだち、オレンジ、いちご、パセリ、にがうり、ブロッコリー、ピーマン、ほうれん草などがあります。

ビタミンCには、コラーゲン合成、メラニン色素生成抑制、細菌の抵抗力を高める、傷の回復を良くする、ストレスを防ぐ、抗老化、皮膚のバリア機能を上げたり、肌を整えるという効果があり、美容には必要不可欠な栄養だといえます。
| 喫煙による害 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
活性酸素とタバコ
妊娠中の禁煙・喫煙 活性酸素とタバコ

たばこの煙にはタールやニコチンの他、活性酸素である過酸化水素も含まれています。喫煙によって 活性酸素を吸い込んでいるわけです。体内に活性酸素が増えると、その活性酸素は細胞の不飽和脂肪酸と結びつき酸化してしまいサビのようになってしまいます。細胞膜が酸化してサビつくと、細胞が傷つけられて、しみやしわなどができる要因となり美容にとても悪影響があります。

活性酸素は体の中のあらゆる箇所を傷つけて、がん細胞を作ってしまうことがあります。さらに、血液も酸化させてしまいます。血液は酸化するとドロドロになり、血管の流れをつまらせてしまい動脈硬化の原因にもなります。心筋梗塞、脳梗塞、痴呆症などの危険分子も含んでいます。
さらに、活性酸素は生活習慣病の原因ともなり、細胞内のDNAを傷つけることでガン細胞に変異してしまいます。また、タールが体内に入ると免疫システムにより、活性酸素を吹きかけて攻撃しようとし、肺の組織をさらに破壊してしまいます。たばこを吸うと息切れするようになる原因は、肺の組織が活性酸素に破壊されてダメージを受けていると考えることもできます。
酸素がなければ生きていけないのに、この酸素の一部が体内で有害物質に変わってしまうなんて何かおかしなことですね。
ここまで活性酸素の悪い部分ばかり言っていましたが、いい部分もあります。ウィルスを退治して傷口を消毒する役目があります。しかし普通に生きていれば、必要な活性酸素は体内に発生します。ですので、体内のいろいろな箇所に害を及ぼす活性酸素。健康でい続けるためには、余分な活性酸素をいかに排除できるかが重要になります。たばこから得られる活性酸素は不要なものです。
| 喫煙による害 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
活性酸素とは
妊娠中の禁煙・喫煙 活性酸素とは

活性酸素と聞くと、なんだか私たちがいつも吸っている酸素より、すごくよさそうな酸素というイメージが思い浮かぶ人もいると思うがそうではありません。私たちが吸っている酸素はとあることで活性酸素に変わってしまいます。この活性酸素は私たちの体に様々な悪影響を引き起こす原因になるのです。
活性酸素には4つの活性酸素 があります。スーパーオキシド、一重項酸素、過酸化水素、ヒドロキシルラジカルの4種類です。専門的な話になるので詳しい事は説明しませんが、普通の酸素は酸素同士で不対電子というものがくっつくために物質として安定しています。4つの活性酸素は不対電子というものがあり、物質として不安定な状態のために何とかして安定した物質になろうとして他の物質から電子をもらってきてしまいます。不対電子がなんだかわからない人は、4つの活性酸素はじっとしているといらいらして、ところ構わずそこらへんの人にからむ悪いガキ大将だと思ってください。
とにかく、悪ガキな活性酸素は自分を安定させようと近くの物質に悪さをして細胞を酸化させてしまいます。このように細胞の働きをおかしくさせて、シミ、シワ、ガン、動脈硬化、白内障、老化、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、痴呆症などの病気を引き起こすと言われています。

活性酸素の発生源としてタバコはもちろん、他にもいくつもの発生源が存在します。
・タバコ
・紫外線
・大気汚染
・油の多い食事
・ストレス
・激しい運動
・電磁波
・排気ガス
・殺虫剤      など

日常では避けられないものもたくさんあります。どうすればよいのでしょうか?
活性酸素の除去につづく
| 喫煙による害 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
活性酸素の除去
妊娠中の禁煙・喫煙 活性酸素の除去

前回の活性酸素とはでお話したように普通に過ごしているだけでも発生してしまいます。これを見たら活性酸素は防ぎようがないじゃん!と思われると思います。まさにその通りですね。
でも人間の体はうまくできているので、活性酸素を除去、もしくは減らすための仕組みができています。酵素、たんぱく質、ビタミンなどのいくつもの対策で活性酸素を除去しようと待ち構えているのです。
しかし何事にも限界はあるので、タバコなどの予定外の大量な活性酸素ができた時は除去しきれません。年をとっても、この活性酸素を除去する力は弱くなってしまいます。
活性酸素が発生しなければこの仕組みも年をとっても維持できるので、抗酸化物質が体内にたくさんあるような食生活をすることが大切です。

抗酸化物質には、ビタミンEビタミンC、ポリフェノールなどがあります。
ビタミンEは、ナッツ類、ごま、かぼちゃなどに多く含まれます。
ビタミンCは、イチゴなどの果物やピーマンなどの緑黄色野菜に含まれています。
ポリフェノールは、赤ワイン、カカオなどに含まれています。

普段の食事で抗酸化物質を取ること以外にも、活性酸素を除去する健康食品だったり、化粧品などがあります。それを使用するにしても、年をとって活性酸素を除去する力が弱まってからでもいいでしょう。それまでは日頃の心がけでどうにでもなります。
病気を防ぐためにもタバコをやめるなど、無駄な活性酸素を発生させないようにしましょう
| 喫煙による害 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
美容と一酸化炭素
妊娠中の禁煙・喫煙 美容と一酸化炭素

タバコを吸うと体内に一酸化炭素を吸収してしまい、血液中のヘモグロビンが本来結合するはずの酸素ではなく一酸化炭素と結合してしまうことで酸素不足になってしまいます。酸素不足になると、血の中の色素がなくなって、肌やくちびるの色が悪くなり美容に悪いです。
喫煙者のくちびるは普通の人より紫色なので、見るとわかります。私の家の近くのスーパーの定員さんでも真紫のくちびるの人がいて、見ていてもあまりいい心地がしません。もう少し明るい口紅でもつければいいのにと思ってしまいます。
一酸化酸素によって体内がいつでも酸欠状態となってしまい、さらにニコチンによる血管の収縮する作用も重なることによって、血管や細胞に酸素が運ばれなくなり、非喫煙者のようなきれいな肌やくちびるの色はなくなっていきます。これももちろん、自分が喫煙しなくても間接喫煙することによって、同じように酸欠を起こしてしまいます。

これは余談ですが、もし一酸化炭素を吸いすぎて一酸化炭素中毒で死亡すると、血の中で一酸化炭素と結合したヘモグロビンが多量に含まれているので肌の色がおかしくなります。このヘモグロビンはピンク色をしているため、死体の肌もピンク色になってしまいます。もし喫煙者の肌がピンクがかってきたときは一酸化炭素中毒間近です。(タバコを吸っているだけではありえませんが。笑)
| 喫煙による害 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
 1/2PAGES >>