スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | この記事のURL |
受動喫煙
妊娠中の禁煙・喫煙 受動喫煙

タバコを吸っていない妊婦さんや禁煙をしている妊婦さんも、もしだんなさんが喫煙している場合は受動喫煙をしているので要注意です。だんなさんのタバコの煙を吸うことで、妊婦さん自身が吸っている場合よりも、受動喫煙は大きな影響を受ける可能性があります。
家族の受動喫煙のことを考えて、だんなさんにもタバコの害を説明し禁煙してもらいたいものです。禁煙することが無理であれば、家の中や家族の周りではタバコを吸わないようにしてもらわなくてはなりません。最低でも、ベランダで喫煙してもらうなり、近所の喫煙場所に行ってタバコを吸ってもらうべきです。
ただし、アパートなどのベランダで喫煙すると上の階の人たちが非喫煙者の方だと迷惑がかかる場合もあります。私の家は風通しがいいので、夏でもエアコンをつけずに窓を開けて生活しているのですが、下の人がタバコを吸っているようでタバコの臭いがします。もし、近所の人で妊婦さんがいた場合は、その方たちにも受動喫煙で迷惑がかかるかもしれません。近所の人たちのことも考えて吸う場所を選んでください。
(ベランダなどで喫煙しても赤ちゃんに悪影響は及ぶことがあります。→受動喫煙とコチニン
喫煙をしているだんなさんは、母親の喫煙に比べるとかなり多い割合でいます。妊婦さんが吸っていなくても、知らないうちに受動喫煙の被害を受けている妊婦さんとお腹の赤ちゃんが多いということになります。もちろん家の中だけでなく、街中で喫煙している人もいます。そういう場所には妊娠中は特に、なるべく近寄らないべきです。周りの人の意識改革も必要になってくるのです。
| 受動喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
受動喫煙とコチニン
妊娠中の禁煙・喫煙 受動喫煙とコチニン

コチニンについてはこちら

両親のどちらかが喫煙者だった場合、その赤ちゃんもタバコを吸っているのと同じことになる、との研究結果があります。父母のタバコのにおいがついた衣服と接触することによって喫煙と同じ状態になることさえあるといいます。
両親ともタバコを吸わない子の尿のコチニン濃度を1とすると、母親が喫煙する家庭の子では10.5倍
、母親がベランダで吸う家庭の子では4.5倍だったそうです。せっかく子どものために気を遣ってベランダで吸っても、禁煙したのと同じ結果にはなりません。それは衣服にもタバコの煙がついているからです。
赤ちゃんが両親と一緒に寝ているとき、タバコの煙がついたパジャマとの接触が増えるため体内のコチニン量はさらに増えてしまいます。また、赤ちゃんのいる室内の温度が低ければ低いほど、コチニン検出量が多くなることもわかりました。
専門家は、「両親が喫煙者の場合、赤ちゃんの体にもコチニンが蓄積して、受動喫煙となる」と言っています。両親の喫煙は、乳幼児突然死症候群(SIDS)を引き起こす原因にもなります。受動喫煙によりIQが低下することも指摘されています。
コチニン濃度の高い子供たちにメタボリックシンドロームのリスクが高いとの傾向も認められたとのことです。禁煙をしないと赤ちゃんはまったく知らないコチニンという物質が体の中に入ってしまうのです。
コチニン、こっちにこないで〜
| 受動喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
職場での喫煙対策
妊娠中の禁煙・喫煙 職場での喫煙対策

妊娠してからも仕事をしている人は、しばらくは働き続ける人も多いと思います。
みなさんの職場では喫煙対策を取られていますか?まさか机で吸っている人はいないと思いますが、喫煙場所というスペースは作られていますか?
健康増進法の第五章「特定給食施設等」 第二節「受動喫煙の防止」 第二十五条では以下のように記されています。

「学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のタバコの煙を吸わされることをいう。)を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。」

これは、受動喫煙による健康への悪影響を減らすために、たくさんの人が利用する場所を管理する人に対し、受動喫煙を防止する措置をとるように努力させ、受動喫煙防止の取組みを積極的に推進することとしたものであると、厚生労働省から発表されています。
このことからも職場で分煙措置がされていない場合は問題です。対策がされていない職場で働いているなら、生まれてくる赤ちゃんのためにも上司に相談するべきです。せっかくお母さんが禁煙をしても、そのような環境では受動喫煙をしてしまいますし、誘惑にも耐えられなくなるでしょう。
すぐに対応できないのであれば喫煙している人に妊娠していることを伝えて協力してもらいましょう。
| 受動喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
受動喫煙とIQの低下
妊娠中の禁煙・喫煙 受動喫煙とIQの低下

親がタバコを吸っていると、なんと子どもの知能指数 IQが低下してしまうのです。これは受動喫煙による影響です。
タバコを吸っている親と吸っていない親の子どもたちの血液中のコチニンの濃度を調べたそうです。
コチニンは、ニコチンがからできる物質で、その濃度が高いと血液中にニコチンが多くとりこまれたかがわかります。つまり、どれだけ受動喫煙を受けているかを知る目安となります。
このコチニンの血の中の濃度と、その子どもたちのIQの成績を突き合わせると、コチニンの濃度が高い子どもほどと、IQ値が低いという関係があることがわかったそうです。
タバコを吸いながら子どもに「おまえ、成績がどんどん下がってるじゃないか!もっと勉強しろ!」と言っている親がいたら、子どもは「じゃあ、タバコをやめろ!」っと言ってやりましょう。もちろん赤ちゃんが生まれてきてからだけではなく、妊娠中の喫煙もIQを低下させてしまいます。お腹の中にいる間はやめろと言いたくても言えません。赤ちゃんができたら、タバコを吸いたかったとしても、お腹の中の赤ちゃんのことを考えて我慢して禁煙しなければなりません。赤ちゃんのことを一番に考えてあげられるようでなければ、親になるのはまだ早いのかもしれません。
赤ちゃんへのタバコの害
| 受動喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
タバコの煙の成分
妊娠中の禁煙・喫煙 タバコの煙の成分

タバコにはかなりの数の化学物質が含まれています。その数はわかっているだけでも4000種類以上あると言われています。そして、そのタバコの煙の化学物質のうちの200種類以上が人間に有害な化学物質であり、40種類以上が発ガン物質と言われています。
タバコの煙は、ガス状の成分と無数の微粒子の成分からできています。ガス成分には一酸化炭素、二酸化炭素、アンモニア、窒素酸化物、ニトロソアミン、硫黄化合物、シアン化水素などが含まれています。粒子成分には水、ニコチン、タールなどが含まれています。
特に体に有害なタバコの煙の物質はニコチン、一酸化炭素、タールです。
主な発ガン物質としては、アクロレイン、ベンツピレン、カドミウム化合物、クマリン、ホルムアルデヒド 、シアン化水素、ダイオキシンなどです。

タバコにはタバコの葉以外に風味をつけたり、刺激を抑制するため、乾燥を防ぐためなどに、たくさんの化学物質が入っています。タバコの保湿剤としてはグリセリン、プロピレングリコール、ジエチレングリコールなどのアルコールが入っています。また甘みを出すために、甘草、ブドウ糖、果糖、蜂蜜、チョコレートなどが入っているタバコもあります。他にもすっきりさせるためにメントールがはいっていたり、バニリン、メチルシナミドなどという物質が含まれています。タバコによって違うが、500種類以上の成分が含まれているようです。さらに、ニコチンの吸収を高めるために含める成分もあるようです。また、最初から入れていなくても、タバコを作っている途中で化学反応を起こしていくつかの化合物ができて、タバコに含まれます。その過程でできるもので、発がん物質に変わる可能性のあるニトロソアミンなどもあります。
この様にタバコにはたくさんの成分が含まれています。こんなにたくさんの薬品みたいな名前を聞くと怖くなってきませんか?これでもまだごく一部ですよ。

主流煙と副流煙についてはこちら
主流煙と副流煙
| 受動喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
主流煙と副流煙
妊娠中の禁煙・喫煙 主流煙と副流煙

タバコの煙には主流煙副流煙に分けられます。主流煙は喫煙者が直接吸っている肺の中に吸入される煙のことで、副流煙はタバコの火のついた先端からでる煙のことです。さらに細かくすると呼出煙という喫煙者が口から吐き出した煙もあります。
タバコの先の火がついている部分を燃焼円錐といいます。タバコを吸っていないときの火の温度は600度ほどですが、タバコを吸って酸素がタバコに吸い込まれると900度近くになります。
主流煙はタバコの中にある葉が燃焼するときの温度が高く、フィルターを通って有害物質を一部吸収してくれます。しかし副流煙は温度が低く、フィルターを通らないので、主流煙よりも副流煙の方が有害です。
煙に含まれている有害物質は主流煙より副流煙のほうが多く、主流煙は酸性でPHは6前後ですが、副流煙はアルカリ性でPH9が前後となっていて目や鼻の粘膜を刺激する力が強いです。目が痛くなったり、のどが痛くなるのはアンモニアのせいなわけです。
以下に、タバコに含まれる主な物質で、副流煙が主流煙よりどれだけ多く物質を含んでいるか示します。

○ニコチン      2.8倍
○タール       3.5倍
○一酸化炭素     4.7倍
○ナフチルアミン  39.0倍
○アンモニア    50.0倍
○ホルムアルデヒト 50.0倍
○ニ卜ロソアミン  52.0倍
○カドミウム     3.6倍
○ベンツピレン    3.9倍

副流煙と呼出煙を合わせて環境タバコ煙と呼び、この環境タバコ煙が周りにいる非喫煙者に間接喫煙させることとなっていて問題になっています。つまり受動喫煙のことですね。
受動喫煙によって呼吸器の障害やその他の病気にかかりやすくなり、ぜんそくも悪化させます。他にもいろいろな影響があります。妊婦さんが受動喫煙することによってお腹の赤ちゃんにまで受動喫煙させていることになってしまうのです。禁煙している人にとっても受動喫煙することによって、禁煙をしている意味がなくなり、禁煙のやる気をなくさせてしまって、喫煙してしまうかもしれません。
| 受動喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
たばこの添加物の害
妊娠中の禁煙・喫煙 たばこの添加物の害

タバコにはたくさんの添加物が含まれています。600種類ほどの添加物があり、そのうち100種類以上は有害物質であるであろうといわれています。ただしタバコの成分については企業秘密であり、正確にはどのような物質が入っているかはわかりません。ある調査によると、受動喫煙の煙を目立たなくさせるため、見かけの副流煙の量を減らす成分や、ニコチン摂取を増大させてしまうような成分、たばこへの依存症を高めてしまう成分、喫煙により起こる害や症状を隠してしまうような成分などがふくまれているそうです。これは成分の一部であり、ほかにも害を及ぼすものが含まれています。もちろん、タバコ会社も全く健康のことを考えていないわけではないので、タバコの害を軽減させるものも入っていると思いますが、有害物質が多いことには変わりません。
タバコの成分が企業秘密なために、どの成分がどのような効果を出しているのかなどはわからないために、その成分それぞれについての対策は取りようがありません。ニコチンやタールなどの有害物質が含まれていることがわかっていますが、もしかしたら、同じように問題のある有害物質も含まれているのかも知れませんね。

たばこの添加物の害2へつづく
| 受動喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
たばこの添加物の害2
妊娠中の禁煙・喫煙 たばこの添加物の

こちらからたばこの添加物の害

有害といわれている添加物の中にはチョコレートやカカオなどの普段は普通に食べているものも含まれています。このチョコレートやカカオはたばこの煙を肺に浸透させやすくする化学物質がふくまれていたり、喫煙者の咳を抑える鎮静作用を持つ添加物も含まれていました。タバコに含まれている数多くの成分がどのような役割をしているのか、喫煙者にとってどのような害があるのか、周りにいる非喫煙者が受けている受動喫煙にどれくらいの害があるのかなどは私たちでは把握できません。
大手たばこ会社のフィリップモリス社は、たばこの成分については連邦政府に報告しており、データに基づく科学的な判断により、喫煙の有害性を増やすものは使用していないと主張しているそうです。さらにフィリップモリス社は、たばこに含まれる成分は、たばこに個性を与えるものであり、それぞれのたばこブランド独自の風味、味、香りをつけるもので、加工や湿潤剤として使用することもあると言っています。確かにフィリップモリス社からしたら、フィリップモリス社独自の味を出すことは重要であるとは思います。しかし、このたばこの添加物が結果的に、人にとって有害な影響を与えるのであれば、無害な添加物を使用してほしいと思います。
| 受動喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
喫煙者の呼気から一酸化炭素
妊娠中の禁煙・喫煙 喫煙者の呼気から一酸化炭素

喫煙者の呼気には一酸化炭素が含まれています。妊婦さんや子どものそばで喫煙しないように気を遣ってベランダで喫煙しても、喫煙者の呼気からはしばらくの間一酸化炭素が出続けています。ですので、ベランダで喫煙した後に赤ちゃんを抱っこして話しかけていると、赤ちゃんは一酸化炭素を吸っていることになります。これは受動喫煙と同じことになります。家の中で全くタバコを吸わなかったとしても子どもにはニコチンなどの有害物質を吸い込んでしまいます。

あなたの会社の仲間でタバコを吸っている人はいませんか?おそらく今は会社では喫煙ルームのように分煙対策が取られていると思いますが、その喫煙している仲間の机を見てみてください。ぱっと見ではよく分からないかもしれませんが、机やパソコンにはタバコのヤニがいっぱいついています。その場所でタバコを吸っていなくてもヤニが付いているということは喫煙者の吐いた息から出たヤニが付着しているということなのです。あなたが非喫煙者でも正面の人が喫煙者であったならば、あなたはいつも受動喫煙していることと同じなのです。
私の職場で、タバコの部屋に用事があって入り1分ほどいると、部屋から出てきた後体中がタバコの臭いでくさいです。喫煙者は臭いには気づきにくいです。1度臭いのことを指摘してあげるといいかもしれません。
| 受動喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
妊娠中の職場での受動喫煙
妊娠中の禁煙・喫煙 妊娠中の職場での受動喫煙

妊娠してからも仕事をしている妊婦さんは多いと思いますが、職場で喫煙対策はできていますか?職場での喫煙対策でも話しましたが、健康増進法
で、職場などでは分煙対策をしなくてはいけませんが、いまだに分煙対策がとられていなくて、妊婦さんが副流煙をたくさん吸ってしまって受動喫煙にさらされている現状があるようです。

あなたの職場でももし、受動喫煙をしているのであれば、妊娠していることを伝えて周りの人に妊娠している私の前では吸わないでください。と赤ちゃんのためにもはっきり言うべきです。この副流煙は妊婦さんだけでなく、胎児も受動喫煙をしているのですから。
もし、あなたがまだ年下でどうしても言えないのであれば、信頼できる上司に話してやめてもらうべきです。妊娠していることがわかって、さらに妊婦さんの前でタバコを吸わないようにと言われれば普通の人であれば、タバコを妊婦さんの前では吸いません。
それでもタバコを止めなければ、もしかしたら妊娠中の受動喫煙の害を知らないかもしれないので、教えてあげてください。何だったら、全員で話し合ってください。そこまでしても、止めてくれない人がいて、上司がそれを注意しないようであれば、そんな会社はさっさと辞めたほうがいいです。副流煙だけではなくて、ストレスもたまって何もいいことはありませんから。
| 受動喫煙 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
 1/1PAGES