スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | この記事のURL |
BMI
妊娠中の禁煙・喫煙 BMI

赤ちゃんができるとお母さんは必ず太ってしまいますよね。モデルや女優の方は困ることだと思います。しかし、赤ちゃんにとってはある程度太ってもらわなければ困るのです。ただし太りすぎも問題ですが。
ここで妊婦さんの体重増加についての目安としてBMIという指数が使われることがあります。BMIという言葉を知っていますか?BMIというのはボディマス指数(Body Mass Index)といい、体重と身長の関係から計算した人の肥満度を表す指数です。計算式とBMIの基準は以下のようになっています。

○ BMI=体重(kg)÷〔身長(m)の2乗〕

○ BMIの基準
 18.5未満 :「やせ」
 18.5〜25 :「標準体重」
 25以上  :「肥満」

 22    :「理想体重」
 日本人はBMI=22が統計的に疾患が最も発生しにくい数値であり健康体型としています。

例えば体重が55kgで身長160cm(=1.60m)の人のBMIは、
55÷(1.60×1.60)=21.48
となり標準体重となります。

妊婦さんの理想としては妊娠前と出産時のBMIの増加が「4.0」くらいになることが理想です。しかし、あくまで理想であり、多少違っても問題がありません。
上の体重が55kgで身長160cmの人の場合は出産時の体重を召箸靴董⇒想のBMIを計算すると、
・理想のBMI
  21.48+4.0=25.48
・理想の体重
  X ÷(1.60×1.60)=25.48
  X=25.48×(1.60×1.60)
  X=65.23kg
つまり体重が55kgで身長160cmの人の場合は、55kgから65kgまで10kgほど増えるのが理想という計算になります。
体重が55kgで身長150cmの人の場合計算すると、BMIは24.44(ぎりぎり標準体重)となり、出産時の体重は63.99kgと計算されて9.5kgほどということになります。

※担当のお医者さんにより説明が異なることがありますので、担当医から指摘があった場合はそれに従ったほうがいいです。
| 妊婦さんの豆知識 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
妊婦とBMIの関係
妊娠中の禁煙・喫煙 妊婦BMIの関係

BMIについてはこちらを参照↓
BMI

BMIと妊婦の関係ですが、理想とされる体重の目安は妊婦さんの身長と妊娠前の体重からのBMIで推測できて、個人個人で違います。BMIが増えすぎると出産のときに出血が多くなったり、帝王切開になる可能性が少し高くなります。BMIの増加が少なすぎると低出生体重児を生む比率が増加します。
ここで問題なのはBMIが少なすぎる場合です。妊娠前のBMIが「やせ」で妊娠中の体重増加が7kg未満の場合低出生体重児を生む比率が全体の15%もあります。理想としては妊娠前と出産時のBMIの増加が4.0くらいになることが理想です。計算式に当てはめれば自分の体重増加の目安がわかると思います。
普通に食事をして、ダイエットなどをしなければ、それほど異常なBMIは出ることはないですが、最近の妊婦さんはBMIが少ない妊婦さんが多いのが現実です。妊婦さんも一人の女性なので気持ちはわかりますが、妊娠中は自分のことよりも赤ちゃんのことを中心に考えてほしいです。

BMIが低すぎる妊婦さんにつづく
| 妊婦さんの豆知識 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
胎教
妊娠中の禁煙・喫煙 胎教

胎教とは胎児教育のことです。母性や赤ちゃんとの絆、自信が育つ心の交流こそが胎教です。
胎教は、親のお腹の赤ちゃんへの思いや愛情が自然に言葉や行動に出て、お腹に話しかけたり、お腹を撫でたり、お腹の赤ちゃんの様子を伺ったりして、そういった行為が直接赤ちゃんに刺激を与えて影響するということが本来の胎教でした。しかし今はそれだけでなく、胎教が良いと言われる理由は話しかけたりすることによって、赤ちゃんと話すことができる、つまり交流することによって赤ちゃんを育んでいることです。赤ちゃんは胎生してから25週ほどで耳も聞こえるようになり、お腹の外の声も聞こえているのです。もちろん目や鼻、口もできています。産まれる前から赤ちゃんに対して教育することができるのです。お腹の赤ちゃんはすでに生きているのです。

胎児は毎日成長しています。その成長はお母さんの状況によって全く異なった成長をします。胎児とお母さんはへその緒でつながっています。へその緒からは酸素や栄養が赤ちゃんに運ばれますが、有害なものもたくさん運ばれます。例えば、お母さんがストレスを感じているときはストレスホルモンが運ばれます。このサイトでも話しているように喫煙をすることによって、酸素が運ばれづらくなり、タバコの有害物質も運ばれます。お酒を飲むと、血液を通じて羊水にアルコールが含まれてしまうこともあるようです。
まずは胎児へ害を及ぼすものをなくすことが胎教の第一歩です。

胎教による赤ちゃんの変化
| 妊婦さんの豆知識 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
胎教による赤ちゃんの変化
妊娠中の禁煙・喫煙 胎教による赤ちゃんの変化

妊婦さんは妊娠を楽しみましょう。もし、妊娠がつらくてつらくて、いやな気持ちでいれば、その気持ちは胎児に伝わります。お母さんが胎児に対して愛情を持ち、いつも温かい気持ちで育てていれば、胎児も気分が落ち着いて幸せな気持ちになっています。
しかし多くのお母さんは、自分の体調に不安があったり、赤ちゃんが無事に生まれるかなど不安で自信がもてないものです。いくら理想を言っても、現実問題無理なものです。特に始めての出産の場合は不安で不安で仕方がないと思います。だからといって無理をしてはかえって、精神にきて倒れてしまいます。多くのお母さんがそのような状況になるので、気にすることはありません。
お母さんがつらかったとしても、胎児に愛情を持って心の交流をしていれば、その気持ちは赤ちゃんにも伝わります。へその緒でつながっている赤ちゃんには、つらさの中にも自分への愛情があれば、その愛情を感じ取ってくれます。

胎児も成長してくると自分に向けられている関心や興味に応えるようになります。胎教で胎児とコミュニケーションを楽しめるのです。胎児は自分に気を引きたいので、何らかのアクションをとります。よくテレビでも見る「お腹けった!」なんかは象徴的な赤ちゃんの合図ですね。胎教をすると、胎児も反応してくれるようになり、つらいときにも幸せになれます。さらに自分に対して反応してくれる胎児に対して、親として自分の気持ちが伝わった喜びや、胎児の成長を感じることができて感動して親としての自身がつきます。このお母さんの喜びや感動も、胎児に伝わり胎児も成長してくれるのです。

胎教による効果
| 妊婦さんの豆知識 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
胎教による効果
妊娠中の禁煙・喫煙 胎教による効果

お母さんだけでなくの周りの人たちも胎教をしてあげてください。お父さんはもちろん、おじいちゃんおばあちゃんになる方も、お母さんの体調を気にしてあげて協力してください。胎児も、自分は温かい環境で育ててもらえる、自分は一人ではないということが伝わるはずです。(本当にそう考えているかは、赤ちゃんにしかわかりませんが、そのような気持ちでいるのは確かです)

直接な胎教にはつながりませんが、産まれてきたときのために洋服を作ってあげたり、おもちゃを買ってあげるなどして準備をしてあげることも1つの胎教です。何も準備していないより準備がされている方が赤ちゃんもうれしいはずです。人によっては、そんなの赤ちゃんわからないでしょ?というかもしれません。確かにわからないかもしれません。しかし、この親の気持ちは赤ちゃんには必ず伝わっているものです。

胎教をすることによって、赤ちゃんへの内面の影響はわかったと思います。さらに産まれてからの特徴として以下のような効果があるといわれています。

○よく眠り夜泣きが少なくなる
○昼の時間に起きていて交流がもてる
○言葉を覚えやすい
○社会性があり情緒の安定した子に育つ
○表情がよく明るい子になりやすい
○子育てがしやすい。
○比較的安産になりやすい

全てそうなるというわけではありませんが、以上のような子どもに育ちやすいといわれています。ぜひ胎教を取り入れて育ててみてください。
| 妊婦さんの豆知識 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
BMIが低すぎる妊婦さん
妊娠中の禁煙・喫煙 BMIが低すぎる妊婦さん

妊婦とBMIの関係についてはこちらを参照↓
妊婦とBMIの関係

最近では、出産直前になってもBMIが低い妊婦が増えているそうです。その原因が喫煙・飲酒・ダイエットなどが多いのですが、赤ちゃんにとっては勘弁してくれって感じです。
最近の女性はスタイルがいい人が多いです。芸能人が出産の直前まで仕事をしていても、服のせいもあると思いますが、全くお腹が大きいことに気づきません。ただ私が鈍感なだけかもしれませんが。それで仕事を休んだと思ったらすぐにテレビに出てきて以前と変わらない様子で仕事しています。おそらく食事制限などして体重増加を抑えているのでしょう。
ダイエットをすることにより赤ちゃんへ栄養が行き渡らず、低出生体重児になる可能性が高くなってしまいます。低出生体重児は、大きくなってからも、栄養が上手に取れなかったり、体格が小柄だったりと、知能や運動能力に問題が生じることがあります。
仕事上問題がでる方でも、生まれてくる子どものためにも、妊婦さんは禁煙、禁酒で、ダイエットは控えるようにした方がいいです。
| 妊婦さんの豆知識 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
喫煙と不妊
妊娠中の禁煙・喫煙 喫煙と不妊

不妊は子どもが欲しい夫婦にとってはかなり深刻な問題です。不妊で悩んでいるご夫婦で喫煙している方はいませんか?この不妊は喫煙からも影響があります。それは女性の喫煙者には限りません。だんなさんが喫煙者の場合も不妊につながります。いわゆる女性不妊と男性不妊のことです。妊娠をしたいご夫婦は必ず禁煙して、タバコとは関係のない環境にいることを心がけてください。
喫煙をしていると、例え不妊治療をしても成功率が低くなります。さらに言うと喫煙者が禁煙をしただけで妊娠することができたという例もあるほどです。もちろん喫煙者でも妊娠することは可能ですが、妊娠するまでに非喫煙者ひ比べ2倍から3倍以上時間がかかるという報告もあります。喫煙している夫婦が不妊治療をするのであれば、まずは禁煙をしてみてください。不妊治療をするには費用がかなりかかります。しかし禁煙をすることに費用はかかりません。むしろタバコ代を浮かすことができます。喫煙しながらの不妊治療では焼け石に水になってしまうので、不妊治療の前に禁煙をしましょう。

そして受動喫煙も当然不妊に影響します。このブログでも何度も言ってますが、受動喫煙は喫煙をしているのと同じです。タバコの煙を吸っただけでも影響があります。周りの環境がタバコに汚染されているようでしたら、なんらかの対策をとってもらうようにしなくてはなりません。
| 妊婦さんの豆知識 | comments(1) | trackbacks(0) | この記事のURL |
タバコと男性不妊
妊娠中の禁煙・喫煙 タバコと男性不妊

不妊の原因が男性と女性のどちらに多いかと言うと、以前は不妊というと女性の原因と思われていましたが、今は男性も女性も50%くらいのようです。つまり不妊だからといって男性女性は関係ありません。むしろ以前は男性に焦点が当たっていなかった分、今は男性不妊の問題がよく聞かれます。
男性が喫煙者だと精子の数が15〜24%ほど減少し、精子の運動量が低下して男性不妊の原因になります。喫煙男性の精子は非喫煙者の正常な精子に比べて卵子と結合する力が弱いとされています。喫煙男性の精子は受精可能な正常な精子が4分の1ほどしかなかったという調査結果があります。精子のDNAを損傷して不妊の原因ににもなります。さらに毎日20本以上タバコを吸っている男性は勃起不全になる可能性が40%近く高いようです。他にも環境ホルモンや活性酸素の原因で男性不妊になるようです。

男性不妊の原因としては造精機能障害やEDなどがあります。造精機能障害とは精子が標準よりも少なかったり、正常な形をしていないことなどをいいます。EDとは勃起不全や勃起障害のことです。喫煙によりこの男性不妊の主な原因の両方に関係しています。男性不妊の原因は喫煙以外にも飲酒、ストレスなどいくつもの要因があります。男性不妊については今後も話していこうと思います。
| 妊婦さんの豆知識 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
男性不妊の原因
妊娠中の禁煙・喫煙 男性不妊の原因

男性不妊の主な原因として1番の原因は造精機能障害です。この造精機能障害とはタバコなどが原因で精子が正常に作られなかったり少なかったり、精子を作る機能に障害があったりすることです。
この造精機能障害を治すために効果的な薬などはありません。漢方薬などで精子の状態が改善するかどうかを見ていきます。漢方薬などで精子の状態が改善しなければ、妊娠するために人工授精(AIH)や体外受精(IVF)や顕微受精(ICSI)をすることになります。

正常な精子の数はWHO 世界保健機関により次のように定められています。
○数   精液1ml中に2000万匹以上
○運動率 前進運動精子が50%以上
○奇形率 15%以下
○生存率 75%以上

以上の数値が異常である場合は男性不妊となります。男性不妊の原因の一つである造精機能障害は、いくつか種類があります。これらの障害が男性不妊の原因になっています。

○無精子症
この無精子症は最も造精機能障害の中でも深刻な部類のもので、精液中に全く精子がいないことを言います。ただ、無精子症でも精巣の中や精巣上体に精子がいれば治療として、顕微授精(ICSI)により妊娠をすることが可能です。

○乏精子症
この乏精子症は精液の中に精子が少ないことを言います。症状がそれほどひどくない場合は薬物療法やタイミング法と呼ばれる方法を使って妊娠ができる状態になります。様子を見て、妊娠しないようであれば治療として、人工授精、体外受精、顕微授精と治療していくことになります。

○精子無力症
この精子無力症は精子の数は正常であっても精子の運動率が悪く、運動している精子が50%未満のことを言います。先天性のものの原因が多く、おたふくかぜや精巣の炎症などでも精子無力症になることがあります。治療として、薬物療法や顕微授精、状態により人工授精や体外受精などの方法をとります。

○精子奇形症
この精子奇形症は精液中の精子に奇形が多く正常な精子が少ないことを言います。奇形精子は受精能力がないため、その分妊娠する確率は悪くなります。治療として、正常な精子だけを選んで、体外受精や顕微受精で妊娠することが多いです。
| 妊婦さんの豆知識 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
男性不妊の原因 その2
妊娠中の禁煙・喫煙 男性不妊の原因 その2

前回は男性不妊の原因として9割以上の原因である造精機能障害について話しました。今回はそれ以外の男性不妊の原因についてです。

○副性器障害
男性不妊の原因として副性器の機能障害があげられます。これは精巣上体や前立腺の炎症や、精のうの炎症が原因で、精子の運動率を低下させている状態のことをいいます。以前は結核菌などが主な原因でしたが、細菌はクラミジアなどの感染症によるものが主な原因です。副性器に炎症が起きると、白血球や雑菌が精液中に増加し、精子を殺してしまうことがあります。そのため、無力精子症になってしまいます。治療として、薬物療法で改善を図りますが効果がなければ顕微授精などを行います。

○精路通過障害
精子は作られていても、精子の通り道である精管にがなんらかの原因があり、精子が外に運ばれない状態です。治療として、精子の通り道を作りなおす手術を行い、自然に妊娠することも可能です。手術がうまくいかないときは顕微授精を行います。この障害の原因としては生まれつきの先天性や結核菌、クラミジアなどの病原菌による精巣の炎症の後遺症、陰嚢(いんのう)部の手術などにより起きることがあります。

○性機能障害
性交時に射精することができないなど、性行為に問題がある状態のことです。これはストレスや過去の経験などの精神的な部分が影響することも多く、身体が原因ではないこともあります。精神的な問題である場合は手術などではなく、心理療法などをすることもあり、治療するのは難しいこともあります。
| 妊婦さんの豆知識 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
 1/2PAGES >>