スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | この記事のURL |
< タバコの誤飲 応急処置 | トップへ | 赤ちゃんのタバコの誤飲 >
タバコの誤飲 ニコチン中毒
妊娠中の禁煙・喫煙 タバコの誤飲 ニコチン中毒

赤ちゃんの誤飲事故の約半分を占めているタバコ。タバコを誤飲してしまうことによって起こる害はタバコの急性中毒です。もしくはニコチン中毒です。ニコチンは非常に危険な有害物質です。ニコチンが体内に入れば、ニコチン中毒症状になります。軽いニコチン中毒でも、吐き気や嘔吐、めまい、頭痛、下痢などたくさんの症状が起きます。さらに強いニコチン中毒になると精神錯乱やけいれん、そして死亡してしまうこともあります。

ニコチンの致死量は、大人で30〜60ミリグラム、小児では10〜20ミリグラムといわれています。理論的には大人はタバコ2本、小児で2分の1本のタバコを食べてしまうと、ニコチンの致死量を超えてしまうことになります。
ただし、たばこからニコチンが溶けだして、体内に吸収されるのにはかなりの時間がかかりますし、最初に吸収されたニコチンの影響で吐き気や嘔吐がおこり、ニコチンを吐き出してしまうことが多いので、食べたからといってパニック起こさないでください。量が少しだったり、タバコをちょっとなめた程度であれば、応急処置をすれば問題ありません。

ただし、空き缶に入っていた液体とタバコの灰が混ざった液体などを飲んだ場合は危険です。タバコのニコチンが含まれた液体はニコチンの濃度が濃く、体に吸収されるのも速いので、とても危険です。死亡することがありますので、すぐに病院に行ってください。
小さな子どもの前でのタバコの放置は本当に危険です。
| 赤ちゃんの誤飲 | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
スポンサーサイト
| - | - | - | この記事のURL |
Comment








Trackback